話は変わるけどFX

FX ドラマ生まれる。

先月、今シーズン早々に釣った「モドリシラメ」https://ameblo.jp/turinagara/entry-12371720822.htmlhttps://ameblo.jp/turinagara/entry-12371998616.html 年々「戻り」が多くなってきているという話をよく聞きます。今年は僕はモドリだけかな。もう今年はサツキマス終わりかなー。時期的にそんな気持ちが強くなってきました。 5/18、雨が降る予報でも雨は降らない、なんかドヨーンとした天候、サツキ姫は、いきなりやってきました。  ロッド:シマノ ソアレ BB S800LTリール:シマノ アルテグラ 4000XGライン:デュエル HARDCORE X8 1.0号リーダー:シーガー グランドマックスFX 1.75号ルアー:デュオ スピアヘッド・リュウキ80S  いつものエリアでいつもの場所。16:00頃に家を出る。16:01頃にポイント到着(笑。 釣り始めて一時間後ぐらい。「デュオ スピアヘッド・リュウキ80S」流芯にキャストして、さらっとよどみへトゥイッチの後すぐ、グン!ググーン!いつもとちょっと違うアタリ。アワセ時に重量級の重みは感じなかったので、いつものコイ様ではない。ウグイ?ナマズ?潜るようなグングンという引き。小さいナマズかな。腰に着けたタモが外せずあたふたしてるうち、姿が少し見えた。あれ?ウグイ?でかいなー・・・。ぶっこ抜く。その瞬間に、ああああっ!ああ・・・。で、気付いたサツキマス。   あああああああ釣れてしまった。サツキマス・・・・・ フロントフックに、いいフッキングしてました。なるほど・・・。アタリの感じの違いを知りました。 M氏や鵜飼観覧船の船頭さん達と供に、お魚観察。僕自身、初めて見ます。サツキマス。   今年、僕の周りの情報では、釣れた話はほとんど聞かない状態でした。でも、今年はこの五月中旬がハイシーズンのようでした。 断続的な大雨で河川のフィールド環境が刻々と変化。リサーチ的に興味深い日々だったと思います。   親愛なるM氏撮影。(撮影時間 5/18 17:07) ポイントはバレバレですけど。この時期、岐阜市内、一斉にルアーマンが増えますから、その様子を見ると、特にまぁおおやけにしてもいいかな。。 ストリンガーに、二重に掛けて、トンビやカラスに注意して、ひたすら見守る!  地元原住民として、これほど栄光なことはない。長良川の奇跡。      僕の親父さえも直に見たことがないサツキマス。  内蔵を取り、明日へ寝かす。心臓、胃、卵巣、肝臓を湯がいて、一人戴く。   以下、上がモドリシラメ 28cm 2018/4/27。下がサツキマス 36cm 2018/5/18。こう見ると、全く違う魚です。ヒレ、特に尾ビレ、背ビレに違いがあります。サツキマスはヒレが鋭く、シラメはヒレが丸い。    本日(5/19)、刺身と、アラは塩焼きなどで、美味しく戴きました。 モドリシラメよりも更に赤みのある身。 丁寧に三枚おろし。 アラは塩焼き。 子供達も刺身で。(もちろん虫の心配はしましたが、まぁ大丈夫でしょう) やはり、醤油につける食べ方は野暮い。醤油が強すぎてしまう。もうやっぱり素晴らしい身です。感動です。 次は40cmアップを狙う目標が出来ました。長良川の恵みに感謝。 続きです。「本当にサツキマス・・・?」https://ameblo.jp/turinagara/entry-12378155023.html 
にほんブログ村

FX銀座通販ショップ

コメントは受け付けていません。