何分足のチャートメインで取引をするのかを明確にしておくこと

Pocket

殆どの会社は、1時間足のFXのチャートが、
最初に表示されます。
FXで大切なことは、デフォルトのチャートにこだわらず、
自分は何分足のチャートメインで取引をするのかを、
明確にしておくことです。
短いものは1分足から、
長いものでは年足まであります。
1分足より短いチャートはティックと言って、
為替レートに変動があるたびにチャートに反映されます。
短い足のチャートを見ていると、
すぐに取引しないと、
大儲けのチャンスを逃してしまうように錯覚します。
短い足のチャートは、アヤ戻しといって、
利益確定のために逆方向に動く時間帯が良くあるので、
注意しないとダマシにやられてしまいます。
時間帯や通貨ペアで検証をしながら、
自分が向いているのは何分足のチャートか、
決めることがFXで利益を出す秘訣です。
サラリーマンが帰宅後に取引する場合、
デイトレでその日のうちに利益を確定させたいときは、
5分足をメインにするのが有効な戦術です。
忙しくてめったにチャートを開けないという人は、
日足でトレードしてはどうでしょう。
自分のライフスタイルに合ったトレードができるのも、
FXの魅力の一つです。
いろんな時間軸でチャートを広げ、
自分に向いた取引手法を確立させましょう。

コメントは受け付けていません。