20世紀の残りはFXがおもしろくする

Pocket

本当は残酷なFXの話

FXを購入するなら今がチャンス、友達・知人とと差をつけたい方必見です

にほんブログ村
為替・FXランキングこのブログ読んでくれてる方はポチっとしてくださいランキングが上がるといい事が起きます 現在ノーポジションです 明確なエントリー理由がないとエントリーしない というのがこの神メルマガの素晴らしさですね 今日の神メルマガです  現在のドル円ですが、110円台前半で推移しています。

*6/6メルマガ参照
「その仮定で正しければ、本日以降110円前後で方向感がなくなり、若干の買い圧力が勝り110円前後で推移する可能性があります。」
「その場合これから110円台でショート初動出来る場面は数回残っていると思われます。」

と書いている通り、昨日は一旦110円にタッチしてから安値109.47までありましたが、安値もそこまで。
切り返して再び110円TRYで現在上抜けてきています。

想定通りに推移している事から先週の私の想定よりも買い圧力が若干強いように思います。
根本の投資戦略は「ショート戦略」で揺るがないものの少し軌道修正しておきます。

現在の相場の現況は、

→「想定以上に買い圧力が強い可能性」はあり得ます。強いが故に110円タッチ後の下落幅が小さいという解釈です。
→「イベント前で外資短期筋が動き難い」が本命かもしれません。

と想定しています。

「イベント前で外資短期筋が動き難い」が本命だと仮定すると、
6/12米朝首脳会談、6/13FOMC、6/14ECB理事会、6/15日銀会合と多くの主要国中央銀行のイベント前で動きずらいという事が言えます。
これらのイベントでサプライズがあれば、一気にポジションがひっくり返る可能性があるからです。

現在の相場は、参加者がイベント前で動きにくい為合理的理由を伴った値動きになり難いかもしれません。「
故に「ノーチャンスの相場」と思われます。
この様な時は、「眺めている戦略」が唯一の正解です。

引き続き、110円前後で方向感がなくなり、若干の買い圧力が勝り110円前後で推移する可能性を本命としておきます。
その様に推移すれば、やがて買い圧力は減退しその後売り圧力が台頭してきて下落に転じるという分かり易い値動きになると予測出来ます。
【ポジション戦略】

ショート戦略で変更ないものの、節目であるチャートポイントである110円フラットを上抜けている以上、
ショート初動の場合は、直上(50pips程度)に逆指値を置いての戦略になります。
重要チャートポイントを上抜ける事で、買い圧力が一気に高まる可能性があるからです。

上記分析の通り、まだまだ方向感が出にくい状況が継続する可能性を本命としていますので、
日足チャート形状で「天井(上髭等)」を確認してからの初動が望ましいかもしれません。

セカンドオプションとして、「どのみち近々に110円は割ってくる」前提でポンと上昇した場面を売っていく事も視野に入れておきます。

値動きを注視しながら、本日はこのまま待つ戦略を取ります。
明日以降いつでもエントリーする可能性はありますので、ポジション操作し次第リアルタイム配信を致します。
【現在ポジション】

なし

コメントは受け付けていません。