今週のFXスレまとめ

Pocket

FXのとっておき通販商品を検索、気になる情報は店舗レビューを参考にしましょう

なんか新しいコントローラーが出るみたいだね。欲しいんだけど、日本でも発売されるのかな? 左スティックが上に付いてる方がいいのよね。 ただ、この時期に新しいコントローラーを出すという事は、PS5はまだまだ先になりそうだね。2020年は無理かもしれない。 というか、5G通信の存在を無視出来ないと思うのよ。マシンスペックが簡単に上げられなくなった今、ゲームの世界にとって最も重要な技術だからね。 その5G通信の実用化が一応2019年に始まると言われている。1年そこらでの対応はコスト的にも、う~ん… まぁ、この辺は考えるだけ無駄だね。成り行きに任せるしかない。とにかく、新しいコントローラーは買うよ。楽しみにしてる。   今日のプレイ内容・クールペインターVR…顔だけ・ピンボールFX2…ワイルドウエスト・Re:ゼロVR(レム)…虚しい・プレイルームVR…ロボレスキュー・トラックマニアターボ…10ステージほど・パワプロ…勝てなくなった・ARK Park…やはりアイツか   クールペインターVR今日はプレイしたソフトが多いから、パパッとまとめていくよ。 「クールペインターVR」ではチョッパー帽子の部分を描いてきた。 やっぱ俺の技量では色々と矛盾が生まれてしまって、全体のバランスが悪くなってしまう。今回は帽子のサイズがデカくなり過ぎてしまった。 (う~ん、頭がデカいね。スクショに撮るとよくわかる) うん、正面ばかりを見て描いているから、横から頭皮が飛び出ているし、帽子の後ろの部分を作る方法が見つからない。立体の場合はかなり計算して描いていかないと駄目だね。 そうだな~、作ったパーツを正確に動かしたり、パーツを部分的に削る機能があればだいぶ楽になるのにな~ (横から見るとかなり悲惨。頭が帽子の上から飛び出してる)   ピンボールFX2プレイするのはけっこう久しぶりかな? 今日は『ワイルドウエスト』で遊んできたんだけど、やっぱグラフィックのクオリティーが異常だね。 (台の手前。見えづらい部分も手を抜かず作り込んでいる) (背景の蒸気機関車も超クオリティー。これだけでも価値がある) VR空間では”黒い線”をどう扱うかが、映像の説得力を左右すると思うのよ。上手く使えば絵画を立体化したような魅力溢れる映像が仕上がる。 ZenStudiosの作品は、その手法で作られた無数のパーツがとんでもない密度で詰め込まれていて、フォトリアルでもないのに凄みがある。 (板の1枚1枚が違う模様、違う形をしている。ここまでやって初めてリアル)   Re:ゼロVR(レム)一応、もう1回起動。金払ってるんだし、楽しまないとね。 う~ん、感想日記の中で「添い寝アプリなのに添い寝が出来ないのが不満」と書いたけど、仮に添い寝が出来たとしても…(笑) (う~ん、可愛いっちゃ可愛い。ただね~) ベッドの横で女の子が寝ていてプレイヤーを慰めてくれる。これはゲームだけじゃなくて、実写VR動画とかでもよくあるよね? アイドルものとかで。 でも、それ自体そんなに楽しい体験ではないと思うのよ。俺は宝生舞が好きなんだけど、宝生舞が横に寝ていて、喋り掛けてくるVR動画があっても1回しか見ないよ。それより、彼女が出ているドラマの方が観たい。 これは平面の映像でも同じで、キャラクターはそれを”たらしめている”背景や行動があって初めて魅力的なものになると思うのよ。器だけ出されても困ってしまう。 (見た目は可愛いけど、取っ掛かりが何もない。それを作品内で構築してくれ) この手のキャラクター観賞+αのコンテンツは今後も作られ続けるはず。ただ、それだけだと本編のオマケでしかないからね。「ローディングヒューマン」のアリスがあれだけ不細工にも関わらず、感情移入して好きになれるのは何故か?を考えて欲しい。   プレイルームVR「Astro Bot Rescue」がリリースされると聞いて、『ロボレスキュー』をプレイしてきた。やっぱ映像が明るくていいな~。超ワクワクする世界観。 (立体視を活かしたグラフィック。これだけでもう素晴らしい) 今日は椅子の上に立ってキャリブレーションをした後、座ってプレイしてみた。これは「Moss」でもやっていた遊び方で、キャラクターと同じ視点の高さになるから臨場感が増す。 ただ、このゲームはステージに段差が多いから、操作に違和感があるね。敵の攻撃も見えにくいし、普通にプレイした方が良さそう。 (もう少し主人公に近付けば良かった。距離が遠い) そうね~、俺的には変形するコントローラーを眺めているだけで嬉しくなるね。基本的に”光り物”が好きだから、こういうメタリックなオブジェクトはマジでワクワクする。 あと、製品版でガチャはあるかな~? あれも最高なのよね。 (ピカピカ、テカテカ、キラキラしたものが大好き。タッチパネルのスケルトンもいい) ん~、発売が待ち遠しい。製品版では20のステージがあるんだって。ボリュームもバッチリだね。   トラックマニアターボ毎回ちょっとだけ遊ぼうと思って起動するんだけど、けっこう長く遊んでしまう。とりあえず完走はするようにしている。 そうね~、やっぱりこのゲームの魅力はPSVRの中でもトップクラスの浮遊感にあると思うね。ジャンプ中に視界が回転するのはこれだけじゃないかな? かなり攻めた作り。 (視界が回転するのがいいね。実にスリリング) あとね、スクショは撮り忘れちゃったんだけど、1人称視点の時に車を停めて運転席を確認したりもした。普通に運転手が座っていて驚いたよ。 うん、画質良し、グラフィック良し、ゲームとしての面白さ良し、VRも活かしているし、オリジナリティーもある。本当に文句のつけようがない傑作だね。絶対プレイするべき。 (最高のグラフィック。スクショでも伝わる情報量の多さ) (マシンが横転。ここまで派手にひっくり返る車ゲーも珍しい)   パワプロなんでだろう? 勝てなくなっちゃった(笑) バッティングはけっこう上手くなったと思う。ボール球に手を出さなければ、ヒットもホームランも一応出る。問題は守備だね。打たせて守るが出来ない。 送球ミスも多いし、バントの処理も出来ないから、ズルズルと出塁されて失点が増えていく。今度は守備練習をやっていくよ。 (3戦3敗。というか、大量失点で途中で引き上げてる)   ARK Park間違いない。最後の一つの卵はラストステージのティラノが持ってる。 今日ギガノトサウルスと戦ってきたんだけど、スピノサウルスの卵を落としやがった。つまり、ギガノトサウルスが2つの卵を持っていて、ランダムでどれを落とすかが決まる。となる
と、ティラノしかないよな~。相当ドロップ率が低いんだろうね。落とすまでやるよ(意地) (スピノサウルスはここだったのか。あと一つは絶対ティラノだわ)

風邪をひいて休むなら、FXで休むほうがいい。

5月21日更新 下記発表がありました。
5月21日にHitBTC
YobitCoinBeneで上場するようです。上場のタイミングは取引所に依存するため、時間等は不明です。 Greetings Play2Live community!
We are proud to announce that we have reached an agreement with Yobit, CoinBene and HitBTC — the world’s fourth largest trading volume crypto exchange.
 
“We have reached preliminary agreements with several exchanges, including Yobit, CoinBene and HitBTC. Starting May 21, 2018 our token will be traded on HitBTC — one of the most reliable crypto exchanges in the world. To ensure further development of Play2Live ecosystem and Level Up Chain, users will be offered an opportunity to trade LUC token on other reliable and established cryptocurrency exchange platforms, ” comments Alexey Burdyko, CEO and Founder of Play2Live. こんにちは。 Play2Liveについて書き忘れてました。 CEOによるミートアップにも参加してきたのですが映画業界よりゲーム業界の方がマーケットが大きいと知りゲーマーでもないのに購入。 e-sportsの大御所が関わっているのと現存の同業他社ユーザーがPlay2Liveに移りたくなる金銭的な仕組みが分かりやすくて、投資してみました。 読者登録をお勧めしています。——————エアードロップ情報はこちら。1.ノーフェイクトゥディ(NFC)2.Gift.ONE3.NEW! TridentCryptoFund4.NEW!Refereumなどが無料でもらえますよ。詳細はこちら。週に1回は更新するようにしています。——————- Play2LiveトークンMEW カスタムトークン追加Token Contract Address: 
0x5dbe296f97b23c4a6aa6183d73e574d02ba5c719
Token Symbolシンボル: LUC
Decimals桁数: 18 —ここから更新—NEW 5月2日更新PLAY2LIVE最新情報が私の代理店から届いたのでシェアします。ポイントは2点。その1)上場が20日より15日~20日に変更。その2)6月にはHuboiやBittrexに上場。その3)ニュース速報。その4)プラットフォームは5月2日に始動。
上場日程は5月15−20日の間となります!
1. HitBTC
2. Gate.io
3. Yobit
4. Kucoin
5. Hadax (Huboi Pro) 後日(6月頃)
1. Okex
2. Huobi
3. Bittrex

トークンのシステム
3つのマーケットメーカーと契約!
コインマーケットキャップの上位50位まで担当をする会社です。月曜日に良いニュースを流す予定です。
esportsのワールドチャンピオンシップを開催する事を予定してます。
今年の終わりには5億のウォレットがPLAY2LIVE内で作成される予定です。

PLAY2LIVE
http://www.p2l.tv/

プラットフォームが始動するのは5/20です。ユーテイリテイートークンなので実際にプラットフォーム内で使えることが実証されないと取引所で取引を開始できません。

ユーティリティートークンとは、通貨交換の価値に将来性や、商品、サービスの利用料が含まれています。
ゲーム内通貨のようなイメージですね!
 4月30日更新昨日、私が登録する代理店より連絡がありました。やはり5月20日に上場とのこと。上場する取引所は下記5か所です。 ☆Yobit☆HitBTC☆Kuoin☆Gate.io☆Hadax (Huboi Pro)

HadaxはHuboiグループの取引所で、投票制でユーザーから多く希望があったトークンが上場される仕組み。さらにHuboiの基準を満たしていれば、Huboiにも上場されます。
Huboiに登録済みの方はHadaxにもログインできます。 今よりも20日頃の方が今以上に地合いは良くなっている気もしますね。楽しみです。 4月29日更新28日にPlay2Live含む数社のミートアップがありました。そこではCEO自らによると上場は5月20日頃ととのこと。現在配布されていない方は4月30日までに配布予定だそうです。 上場先は☆Huobi☆Yobit☆HitBTCなど。 4月27日更新私が購入した代理店から先ほど連絡があり上場日は5月1日に変更とのこと。 まだ手元にトークンが配布されていない人も十分に間に合う可能性がありますよ。 ☆YobitPlay2LiveトークンLUCが上場の噂。 ☆Hadax (Huboi Pro)Huboiグループの新しい取引所。Play2Liveトークンも上場とのこと。 ☆HitBTC多くのトークンの取り扱いがある取引所。Play2Liveトークンも上場。 ☆Huobi大手取引所。
☆ビットフライヤー
手数料がビットコインも安い。

取扱いの通貨はコインチェックより少ないが,FXが出来る。
https://bitflyer.jp?bf=ihsd32ih

コメントは受け付けていません。